アシュタンガヨガの性質

先日ある講義で、「アシュタンガヨガは、その独自の呼吸法で体の中に”火”を起こすので、怒りの感情が出やすくなる」と聞きました。「みんなもそうじゃない?」と聞かれた時に、もちろん、同感した方もいらっしゃいましたが、「う〜ん、そうかな〜?」と首をかしげる方がかなり多かったように感じます。私自身も正直言って、そうでもない、と思いました。その様子を見て先生が「あれ?おかしいな。みんな、どういう練習してるの」と笑っていました。そして、先生が体験した、アメリカのヨガスタジオでのピリピリした雰囲気、他の生徒さんや先生同士の険悪な雰囲気、他人に対して、ちょっとしたことで怒りが生じ怒鳴り散らした経験を、おもしろおかしくお話ししてくださいました。

ここまでの話を聞くと、「アシュタンガヨガってなんのためにするの?」「怒りが生じるのなら、しない方がいいのでは、、」「ヨガってそもそも穏やかな心を目指すものでしょう?」と思うのではないでしょうか。ですが焦ってはいけません。このお話には、続きがあるのです。

先日、たまたま昔のヨガ雑誌を引っ張りだして見ているとこんな記事がありました。


(2006年11月10日発行 Yogini vol.9より)

『エネルギーは自分の意識の方向に流れる』

私はここで、腑に落ちました。「怒りが生じる」ことにそれほど同感できなかった人は、もしかしたら、別の感情(嫉妬、慳貪、慢・・・etc)が表面化しやすくなっているのではないでしょうか?

そういえば、先生はこうもおっしゃっていました。「アシュタンガヨガは、体の中に火をおこして、ネガティブなエネルギーをどんどん燃やして、そして最後には浄化されるシステム。つまり最終的には、ネガティブな感情が生じにくい穏やかな心を持てるようになる。そういうアプローチをしているだけで、最終的にいきつくところは、他のヨガと同じ。サマディ(三昧、解脱)が目的。」

要は、アシュタンガヨガというのは、荒治療的な性格を持つヨガなのですね。自分の持っているネガティブなエネルギー(心を煩わせ苦しめる煩悩)が表面化するわけだから、とってもわかりやすいし対処しやすい。一番タチが悪いのは、自分のネガティブな感情に目を向けず、ごまかし続けることにより、何が自分を苦しめているのかがわからなくなってしまうこと。

いずれにせよ、このYoginiの記事にも書いてあるように、普段の意識や自分の煩悩の性質が「その先」を決めるわけだから、気をつけなければいけないな、と思います。ヨガの実践に本気で取り組むのであれば、必ずアーサナの練習だけではなく、ヨーガ・スートラ(ヨガの8支則について)を読んだり瞑想をしたりしなさいと言われるのはそういう意味があるのだな、と改めて思い知らされる出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA