YOGA LIFE sumsuun

アシュタンガヨガで明日を生きやすくする

鹿児島遠征のはなし(大浪池〜韓国岳登山&キャンプ)

2 views
約4分

少し前の話になりますが、家族で鹿児島へ遠出してきました。
初日は午前中から出かけて、宮崎のえびの高原にあるキャンプ場で一泊し、翌早朝、車で10分くらいのところにある大浪池登山口から入山。

拾ったどんぐりを見せる娘
どんぐりがたくさんありました。
火口湖を恐る恐る覗き込む母娘
崖の上から大浪池を覗き込む。スリル満点!!
大浪池で韓国岳をバックに記念写真
池の向こう側にそびえ立つのが目標の山「韓国岳」
登山口からこの池まで来るのに、1時間近くかかったでしょうか。少し疲れた様子の娘に、
「今からあの山に登るんだよ〜」
と、父の声。
娘は一瞬、えっ?!嘘でしょう?!という顔をしましたが、いつものこと。
どんぐりだらけの獣道をしりとりしながら2時間くらい歩いて、やっと韓国岳麓。
岩だらけの登山道
山頂近くはこんな岩だらけの登りづらい斜面
山頂直下の木道から大浪池の眺望
振り返れば、さっきの大浪池が!美しい〜〜〜!!
娘も、「えっ?!こうねちゃん、あそこからきたの?!」となんども振り返りながら興奮気味。疲れてるのに、ついつい急いで登ってしまいます。
韓国岳山頂で記念写真
山頂で記念写真
風が強く、少し寒かったけど、とても良いお天気で気持ちが良かったです。
山頂でお昼ご飯を食べたり撮影したり、で、1時間近く休憩したかな?
帰りも足がガクガクしながら一生懸命下山しました。
朝7時に出発して4時過ぎに戻ったので、トータル9時間くらいは山の中にいたのではないでしょうか。
娘のペースに合わせて歩くので、私たちは時間がかかりましたが、山歩きに慣れた大人の足ならその半分くらいの道のりだと思います。アップダウンもそこまでないし、道も綺麗なので家族でハイキング、オススメですよ^^


えびの高原キャンプ村
私たちはテント泊でしたが、施設も綺麗なところでしたよ!野生の鹿がそこらにいるし、すぐ隣に温泉のある宿泊施設もあるし、アイススケート場もあるし、季節問わず色々楽しめそうです。また行きたいな〜。
指宿休暇村 キャンプ場
登山をした日の夜は、指宿のキャンプ場でテント泊。私たちだけしかおらず、貸切状態。ここでも車で1〜2分のところにある温泉宿泊施設で温泉に入って疲れを癒し、テントに戻って簡単な夕飯を済ませ、おつまみ&ビールを飲みながらみんなでUNOとトランプをして過ごしました。楽しいひと時。
我が家のテントと夕暮れ

ちりりんロードのハートのオブジェ
朝のおさんぽ
 
最終日は、鹿児島市内に住む大好きなお友達と駅前でランチして、お宅訪問。少し遊んで、家路に着きました。
とっても楽しい家族旅行となりました。
 

この記事を書いた人

YOGA LIFE sumsuun代表 アシュタンガヨガ指導者Mariko
アシュタンガ暦16年。2012年より指導者としての活動を開始。出産・育児による活動休止を経て、2020年南インドマイソールで Sharath Jois師の下で修行。現在も指導者、実践者として学びを深める。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE