シャラス・ジョイス氏著「Ageless 」を紹介

インドマイソールに滞在中、インドのAmazonでシャラート先生の著書(2018年)である「Ageless: A Yogi’s Secrets to a Long and Healthy Life」を購入しました。

この本は英語で書かれたものしかないのですが、時間もたっぷりあるし、英語のお勉強もかねて読もうと思い購入しました。

見たことも聞いたこともないような専門用語が多く、辞書を片手に、1ヶ月かけて少しずつ読み進めました。

【主な内容】

・シャラート先生の病気がちだった幼少時代とその病気を治したアシュタンガヨガについて
・ヨガをすると長生きできる秘密
・ヨギの食生活について(アーユルヴェーダの考え方、小食の勧め、肉を食べない理由、など)
・ヨギにオススメの料理レシピ
・ヨギのデイリールーティン
・簡単なアーサナ紹介
・瞑想と呼吸法について
・世界の中の長寿地域とその秘密

厳格なヨギの生活や食やアーサナについての話だけではなく、寿命を短くしている原因やそれを軽減する為に必要なこと、健康な状態で長生きする方法、より良い生き方全般について、総合的にヨガを学べる内容になっています。

ヨガをしたことがない人にはもちろん、常にヨガの学びを進めている人にも、とてもヨガを深められる良い本でした!!!
もちろん、文化も習慣も異なる日本で、ヨギではない家族と暮らしていると、これらを完全に真似をすることはなかなか厳しいと思いますが、ポイントを押さえて自分たちに合わせた生活や食事を心がけることはできるので、無理のないようにすこしずつ取り入れてみようと思います。

インド滞在中にシャラート先生からサインをもらったのですが、なんと書いてあるのかわかりません^^;

また、ヨギの毎日の習慣については、これも文化や宗教観などの違いによって、真似できないこともあるかもしれませんが、基本的なことは自分の習慣に取り入れることができる内容なので、興味のある方は是非是非読んでみてください!

初体験!7日間の断食(ファスティング)

先週金曜日が新月だったので、急に思い立って断食を始めました。「断食」というと、飲まず食わずの修行的な感じにも思えますが、近頃流行りの酵素や必要な栄養素を飲み物で摂取しながらのファスティングだったからか、空腹でイライラするようなこともなく、案外楽でした。

私は普段から月に数回は1日半の断食をしているのですが、二日以上の断食は今回が初めて。実践するまでは、私にはできないと思っていたけど、意外にあっけなく完了しました。

7日間の断食メニュー

【摂取した飲み物】

1日目
朝、昼、夕・・・酵素ドリンク20ccお湯割 / その他・・・水、醤油番茶
2日目(宿便排出)
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割 / 昼・・・コーヒー、ほうじ茶 / 夕・・・甘酒200cc / その他・・・水、醤油番茶(※少し頭がぼんやり)
3日目
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割 / 昼・・・甘酒、野菜スープの汁のみ / 夕・・・醤油番茶、昆布だし+醤油(※前日、宿便が一気に出てしまってお腹が軽くなった。練習の際にその軽さを実感。キツさは一切無し。)
4日目(宿便排出)
朝・・・醤油番茶 / 昼・・・野菜スープの汁のみ / 夕・・・野菜スープの汁のみ(※この時点で体重は約3キロ減、体脂肪率0.5%減)
5日目
朝・・・醤油番茶 / 昼・・・甘酒、野菜スープの汁のみ / 夕・・・野菜スープの汁のみ(※体重ほとんど変化なし、体脂肪率0.5%減 / ※朝のマイソールで練習の後、生理が予定通り開始)
6日目
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割 / 昼・・・野菜スープの汁のみ / 夕・・・野菜スープの汁のみ(※キックボクシングトレーニング前にVAAM摂取 / ※体重0.3kg減、体脂肪率1.5%減、生理二日目(経血サラサラで量少なめ))
7日目
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割 / 昼・・・野菜スープの汁のみ / 夕・・・野菜スープの汁のみ(※キックボクササイズ前にVAAM摂取 / ※体重0.4kg減、体脂肪率0.8%減)

断食後の感想

今回の断食の目的は、デトックスをして、乱れた食生活&身体をリセットすること。最初は3日間くらいの予定でしたが、思いのほか楽だったので、できるところまでやってみようと実験的にやってみて、7日間でやめた、という感じです。

断食は上手に適度に行えば、体にとても良い行為なので、あまりに食べ過ぎの現代人には必要な行為じゃないかなと思います。免疫力や自然治癒力が高まり、思考が明晰になり、心が落ち着きます。

ですが、今回の私のようなやりすぎはダメです。断食はあくまで無理のないよう、調子の悪い時に食事を控えるとか、一食分抜くとか、月に一回、1日だけ食べないとか、時々胃腸を休めてあげる程度にしておきましょう。